2014年10月12日

【ばらかもん】汚いモンスターボール【第6話】






こんにちは。【新】アニヲタブログにようこそ。

BunRjvrCUAAkEkP.jpg

今回はばらかもん 第6話「よそんもん」について
書いていきたいと思います。


川藤と神崎が島にやって来ました。

64bc9eba-s.jpg

d74b1bdd.jpg

神崎君は、先生が大賞を逃した書店で大賞を取った18歳の男の子。
基本に忠実な先生の字を見て心を奪われ、以来憧れ続けて今回初対面です。
かなりのビビリかつ虫嫌いで、今作中でもかなりいじられています。

しかもCVが梶くんとか。梶くんよく出ます。
声優アワード二冠の実力保持者ですもんね。
筆者は梶君のこと、昔から好きですよ。どのくらい昔かというと、
まだメジャーになっていない頃くらいに、下野紘さんと「Radio Misty」を
していた頃からです。1th シングルも買いました。カッコよかったっす。
耳レイプされました。梶様…!!(笑)


「ひとつ20円で売ってるけん」
「おっ。お兄ちゃんにもひとつちょーだい」
「お前、子供好きだったっけ?」
「建前的には。川藤さんも?」
「…。あと10年したら好きになりそう」
「それただの女好きですよ」





え。なるって女の子だったの?


筆者、痛恨のミス。


そうか…幼女だったのかぁ…。



625ec11d-s.jpg
川藤の影響で刺青を描いた入れたなる。

BunRxcbCAAA9RTM - コピー.jpg
「花と犬と…なんだこれ?」
「マーブルチョコたい」


言い方萌えた。


ca21e891-s.jpg

9f665a11-s.jpg
村の人に捕まった川藤と神崎は、無事に半田家に着き、
美和、ヒロシも混ぜて食卓を囲みます。

39c946c7-s.jpg
「先生の友達はなるの友達なんで、友情の証です。」
「お。何かな?」


8cbf131e.jpg
「うわああああああああ!!!!汚いモンスターボール!!!!」

吹いたwwwww

梶君のキャラは作品を重ねるごとに崩壊していく気がします。



翌日、神崎ひとりで先生を訪ねます。

05851833-s.jpg

「先生は僕の憧れなんです!!(キラキラ」

「この服装は墨をイメージしてるんですか?(キラキラ」

「先生のセリフを録音したくて、ボイスレコーダーまで持ってきました!!」





その頃、川藤の元に美和とヒロシがやってきました。

bb6fe7ca-s.jpg

「俺と半田は中学のころからの友人で―――、落ち込むとすぐバリア張るし」

images.jpg
半田「ATフィールド、全開!」
※本編では言いません。


大賞を本気で目指していた先生の前に、大賞を取った神崎を連れてきたことを怒る美和、
それに対し川藤は「闘争心を燃やすためだ」と語ります。


その間に、先生は神崎から
「島に来てから字が下手になっています!東京に帰りましょう!!」
と言います。

14764317-s.jpg

―――俺はどうしたらいいんだ…?


悩む半田の頭上では、無数の紙ヒコーキが舞っています。
神崎が持ってきた雑誌を破って、なるとひなが飛ばしていました。


―――上ばっかり見ちょるけん、ダメたいね。
そがんときは、「どうぞ、お先に」



ヤス婆の言葉を思い出し、先生は神崎に先に進んでいるよう言います。

「先に行って待ってろ。いつか風に乗って追いつくから」


相変わらず厨二病炸裂な先生です。


f930ef20-s.jpg

その後、なるは雑誌に先生が載っていることを村中に言い放ち、
先生は迫りくるサインの要求に応えていくのでした。


92d917be-s.jpg

相変わらずこのもん大好きな先生でした。


閲覧ありがとうございました。
参考画像:Google 画像






posted by ルル at 22:43| Comment(0) | ばらかもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

【ばらかもん】書の松岡【第5話】

スポンサーリンク





こんにちは。【新】アニヲタブログにようこそ。

BuDOGjgCMAAkQsk.jpg

今回はばらかもん 第5話「うんにおえぎいっ」について
書いていきたいと思います。


前話で船に字を書くという貴重な経験をした先生は自信に満ち溢れていた。
そんな時になるのおじいちゃんが持ってきた「このもん」を食べて、
すっかりトリコになるのでした。

b83b816a-s.jpg

1ca65a59-s.jpg
↑アニメ

a382598c5bc9aa48a587c4ab15d5d994.jpg
↑実写

ちなみに「このもん」は漬物っぽいやつらしいです。
この5話以降から先生は「このもん」片手に
人と会うことが増えてきます。



BuDOXDkCAAIzBIe.jpg

いつぞやに約束した書道の課題を教えてもらいにきた美和、タマ、なる。
書を教えるからには金賞を取らせる為に、鬼のように教えていく先生。
先生の書に対する熱血ぶりが松岡修●並みです。

「あんなんじゃ彼女できないよ」
「意外と遠距離かもしんないよ」
2dff9ca8.jpg
「カノジョ!?」

なるの反応がかわいい。
ちゃっかりオトメなんですね。

e548b3b9-s.jpg
「これ…先生が大事にしてる写真立てじゃけん」
「お!!大事な人の写真でも入ってそう!!」
「さて!彼女拝見―!!」




img_2.jpg2.jpg


蘇子がいた。



img_2.jpg

「……」

先生に彼女はしばらくできなそうです。




郷長に頼まれて、子供たちの海水浴の監督をすることになった先生。

「海って、ここ磯じゃねーか!!砂浜で遊べよ!!」
dfa177c4.jpg
「砂浜なんて子供の遊ぶとこじゃっけん」
「だからだよ!!」


子供たちが遊ぶ中、先生は磯で足を滑らせて気絶を繰り返していました。


「獲ったどー!!」
ヒロシが獲ったけど逃げられたタコがなるとひなの前を通る瞬間があったり、
バタ足の練習をしていたなると美和だが、タマに話しかけられた途端、
なるの手を離しなるが溺れているシーンがあったり、
何かと見逃せないところがあるのが、「ばらかもん」のおもしろさ。

その後、いたずらっ子ならではの危険行動で先生が本気で心配し、
帰り際に

2014-8-3-b.png
「こんなに誰かを心配したのは初めてなんだよ…!!」

と涙ぐむ姿も…。

92917302536o.jpg
先生もかなり島に馴染んできましたね。



閲覧ありがとうございました。
参考画像:Google 画像

スポンサーリンク



posted by ルル at 09:54| Comment(0) | ばらかもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

【ばらかもん】書の16連射【第4話】

スポンサーリンク





こんにちは。【新】アニヲタブログにようこそ。

35830f26-s.jpg

今回はばらかもん 第4話「しまんおんつぁんどん」について
書いていきたいと思います。



前話で、ヤス婆に言われたように、上も下も見過ぎずに
真っ直ぐ書に向き合おうと決めた先生、



……ですが、PCも携帯も壊れて電話を借りに売店に向かいます。

途中で、人ん家に出入りしている野良猫にホレボレする先生。

baraka04-04.jpg

3fdcda881d11460d594a819a17296679.png

8cff5a95-s.jpg

「おいでー!猫ちゃーん!!」
「……」
「野良ばっかっちゅうたろ」



BtfLhuJCcAAK8mv.jpg

1406095904_2_2_460d5c9c4a3afdcd8492dd59c97327d0.jpg

キジ柄のクロに萌える先生。


こうして、猫と戯れている先生ですが、
実は自分でも知らなかった「猫アレルギー」保持者。

目が痒く、首にブツブツ付けながら
売店に向かうことにした先生は、
売店でなる、陽菜、そしてタマの弟・明彦ことアッキーに出会います。

1406396096383s.jpg

「アッキーはゲームばり凄かぞ!!高橋名人みたいやけん!!」
「高橋名人って誰だ?」


BtfMBruCEAAsbN9.jpg

高橋名人:ファミコン名人と称され、ハドソンからも認められるほどゲームが上手い人


20140803_924317.jpg

黒電話を初めて見た先生は、みんなにバカにされながらも頑張ってかけようとしますが、
結局アッキーが代わりにかけることに。

「実はもう少し先に、鳴華院書展という大きな大会があるんだ。そのためにお前、しばらく仕事休め。そしたら、お前はこれで大賞取れるか?」
「今はまだ暗闇の中だが、いつか必ず光を見つけ出すさ…。」


……チン

「先生、左腕に何か宿していたクチですか?」

こうして先生の(厨二が露わになったと共に)目標が決まったのです。





そして帰り際に、めのは(ワカメ)が入った箱を蹴っ飛ばしこぼしたことで、
持主である美和の父親に捕まり、成りゆきで船に字を書くように頼みます。

img_24.jpg

「失敗するかもしれないし、まずは紙に書いた字を切り取って上からペンキで塗りましょう」
「それだとその辺の船と変わらん。そんなんするくらいじゃったら、なるにでも書いてもらうけん!!」


その後、美和の助け舟により、1人考える時間を得た先生は、

あのジジイ…見てろよ…泣きながら喜ぶといい…

と、闘志を燃やして書くことを決意します。
先生、方向性が…。



「船体のバランスを意識してかかなくちゃ…」

img_16.jpg
ぺたっ

fcc81f93ad39c79fd8e540889176d33e.png
「1番乗りじゃけん」

なるの手形が付きました。
それに次いで子供たちの手形が付きましたが、それらを消すように字を書いて行く先生。


20140728162728424.jpg
―――不思議だ。ただ手形が付いただけなのに、もう怖くない…。


3a4316b7-s.jpg

手形のおかげで、無事完成することができました。

先生の気持ちは凄く共感しますが、この思考は自分を潰すんですよね。
だから先生、落ち込みやすいんですよ。そうだそうだ。



閲覧ありがとうございました。
参考画像:Google 画像

スポンサーリンク



posted by ルル at 07:53| Comment(0) | ばらかもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。